高値変わらず

寧波産地は生産は環境問題等の関係でなく、そうした問題をクリアしたところも動きはない。四川産地はゆっくりと動き出した所。日本国内の需要動向を考慮しながら生産をすすめる。相場は高値横這いながらも寧波産地の動向を見ながらといった動きとなっている。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode