熊本、弱含み

生産は外での農作業直前ということから、その準備もあり、さらに雨続きということもあって、6割程度の動きが続いている。市場への出荷もそれにあわせて幾分減少したようだ。売れ行きはやはり低調な動きが続いており、実需中心の小口買いが多い。相場は上げ下げはるものの、基調はやはり弱含みの動きで変わらない。これから外での農作業が増えてくることから生産、出回りは減り、品質の良い製品についてはいまが買いどきと言えるようだ。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode