弱保合

 生産農家では、い田の網掛けなど外仕事も大体片付いたため、畳表のフル稼働を行っている。このため農協市場への出品は若干増え、一日平均6300枚くらいになっている。
相場は、ここにきて原草の品質が落ちる製品が多くなっている上に、売れ行きが全体的に低調気味なことから、弱保合のまま変わらない。
ただ、売れ行きが5月中旬以降、相場が安値となっていることや、極端期が近づくためなどから、在庫不足品の補充買いが増え、一部では動きは上向いてきている。
この先ちょっと動きが出れば買い気も出て、相場の変化も思考されるため、末端で畳替え仕事の掘り起こしにハッパをかけているところ。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode