横這い

 生産農家では、20日前後から新草の刈り取りに着手する予定から、新草の生産管理に気を入れている。6月3日に鹿児島、熊本両県を襲った豪雨も、い草生産地への影響は大してなくホッとしている。畳表の生産は4〜5割程度と減少している。このため農協市場への出品は一日平均4000枚ぐらいと比較的少ない。
売れ行きは消費増税後の売れ行き不振が長引いて、全体的に低調気味のまま推移している上に、梅雨期のため消費地筋では手持ち品の消化を優先し、受注は手控えて、在庫の不足品や入用品のみの発注に留めているところ。相場は全体的には値下がりしたまま横這いの状況が続く中でも、草質の良い製品は出回りも少なく、しっかり相場となっている。この先の梅雨明けまでは現状のまま推移するものとみられる。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode