高値横這い

 主産地の寧波では、6月5日前後から新草の早刈に着手している。輸入業者の話しによれば、新草の作柄は圃場により格差があるものの、全体的にはやや短めで、草丈は130〜150造阿蕕い世、テレも見られる。ただ着花は少ないーとのこと
この先、梅雨の雨量により中刈から草丈の伸びが期待されているーが、天候次第というところ。
畳表の生産は、大方の工場では新草の刈り取りなどから製造は中止している。
四川産地では20日頃から刈り取りに着手する予定だが、今年は降水不足から草丈が短いため、7月に入って始める工場もあるようだ。全体的に着花はないが、テレが出ている圃場も見られ、今年初たものが多いのではーと言われている。
売れ行きは、寧波・四川表とも輸入業者は様子見的だが、相場は高値横這いで変わらない。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode