強含み

 台風15号の荒尾市上陸から、被害の大きかった生産農家の倉庫の屋根が飛んだり、問屋業者も被害を受けたところもあるなどから、新口のスタートは遅れた。
生産はかなり落ち、農協市場にも一日3000枚位の出回りで少ない。
産地問屋業者では、在庫の手薄さから手当て買いを進めるため、ヒネのしっかりした製品は無い物高相場で落札している。売れ行きはぼつぼつながら動きが出て、引き合いも増加しつつある。この先新表の出回り増となり消費地筋での展示会開催の動きなどにつれ、徐々に活発化に至るものとみられる。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode